第302回例会 舞台劇「ともだちや~あいつもともだち~」

  日時: 2017年12月23日(土・祝)  13:30開演

  場所: 宝塚市文化創造館 ホール

・いろんな形の友達、特にてんちゃんのような形の友達って格好あるなぁ。女の子同士で友達を取り合いしたりってあったなぁ。なんて思いながらみました。ついたり、離れたり色々形を変えながらもぶつかりあったりしながらもお互い成長していく友情。やっぱり友達っていいもんだなぁと思えるいいお芝居でした。歌も動きもよく訓練されているなーとおもいました。大人

・二人の木こりと木の精のやりとりから絵本の世界は入っていく過程。絵本で得た新しい価値観が心に残ったまま元の世界に戻るタイミング。物語の世界と現実の世界への橋渡しが見事だと思いました。ゴム飛びのネタが懐かしかったです。どこで覚えられたのでしょうか? 大人

・オオカミかっこよかったです。劇団の皆さん方と写真を撮らせて頂き感激しました。ありがとうございました。  大人

・久しぶりのうりんこさん。とっても楽しかったです。3作品を上手く盛り込んで友達について分かりやすく考えることができました。 大人

・それぞれの動物のイメージを上手く、愛嬌を感じるキャラで表現されていて、ともだちの関係性を自然と伝えられ、考えさせられるいい舞台でした。どこにでもいそうなてんちゃんのキャラとキレキレダンスが印象的でした。    大人

・キツネとおおかみとテンの友達とはどういう存在なのかを考える最初のシーンが良かったと思います。おおかみが音の出るラジカセをいつも抱えているのがおもしろかったです。 15才

・意外とおもしろかった。

・ともだちやはともだちをだいじにしないとだめってわかりました。ともだちやは、一回学校の音楽会で見たけど、それいじょうすごかったです。  てんちゃんはどうしてわがままなんですか?  7才

・けんかもするけどいいともだちだった。ともだちになってよかった。6才

・どうやってフクロウを上げ下げしてるんですか?  7才

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください