作成者別アーカイブ: 投稿会員

プチふぁみクラブ「お湯ぽちゃレシピ」

2022年9月21日(水)10時から望月ハウスで「プチふぁみクラブ」を開催しました。
心配していた台風が去り、爽やかな秋空になりました。
9月1日は「防災の日」 それに因んでお昼はお湯の中に入れるだけで出来上がる「お湯ぽちゃレシピ」を参考に『親子丼』と『蒸しパン』を作って食べました。

親子5組(大人5人、子ども6人)とスタッフ8人、合計19人の参加でした。

#自己紹介(防災について一言)
非常食は「ローリングストック」方式で
家族構成によって必要な物が違う。

#お湯ぽちゃレシピ
『蒸しパン』
《材料》
ホットケーキミックス 50g
水          45㎖
《作り方》
①高密度ポリエチレン製の袋に材料を入れて粉っぽさがなくなるまで袋の上からもむ。
強く練ると固くなるので注意!
②ポリ袋の空気を抜きながらねじり上げ、一番上で袋の口を固く結ぶ。
袋は二重にして同じように空気を抜き一番上で袋の口を固く結ぶ。
袋に空気が入っていると浮いて上手く湯煎ができない。
③お皿を敷いた鍋に水を入れて、沸騰したら②を入れて弱火で30分湯煎する。
袋の口をは水没しないように鍋の外に出して蓋をする。
30分たてば、お湯から取り出して出来上がり!

『親子丼』
《材料》ご飯
米 75g
水 100㎖

《材料》親子煮
焼き鳥缶(タレ味)  1缶
卵          1個
タマネギ(スライス)  50g
めんつゆ(ストレート)大さじ1
水          大さじ1
《作り方》
①蒸しパンと同じように、高密度ポリエチレン製のポリ袋2枚にそれぞれの材料を全て入れて、空気を抜きながらねじり上げて、一番上で袋の口を固く結ぶ。
②お皿を敷いた鍋の水が沸騰したら①を入れて中火で「ご飯」は20分間加熱して、火を止めて10分間蒸らす。「親子煮」は20分間加熱して5分間蒸らす。
外の袋を外して、お皿に袋のまま「ご飯」を入れ上に「親子煮」をかけると、お皿を汚すことなく食べることができる。

#ふれあい遊び
「大きな栗の木の下で」「だんご だんご くっついた」「せんたく」「あんぱん食パン」「卵をぱかっ」

#絵本の読み聞かせ
絵本は3冊「ぬずみが ぱくっ!」「やさいさん」「ちちんぷいぷい」
防災の紙芝居「たいふうがきた!」

#いただきます
時間がきたので、お湯から取り出してお皿に乗せて「いただきます」
おやつにゼリーもありました。
試食の時はうまく出来たのですが、今回は「ご飯」が少し硬かったです。
お米を水に浸しておく。水の量を少し多めに入れる。湯煎するお湯の量を多めにする。火加減を少し強めにする。等々意見が出ました。
「親子煮」のタマネギはスライサーを使いもっとも薄くカットした方がよかった。
子どもには分厚すぎた。

色々と反省点が出ました。
「お湯ぽちゃレシピ」で色々な物が載っています。
一度、作ってみてください。

#次回のお知らせ
10月5日(水)「プチふぁみクラブ」
10時から望月ハウスで「おはなし会」を開催します。
お昼は「オムライス」おやつに「みたらし団子」を作って食べます。
準備の都合上、申し込みが必要です。

立て看板作り

9月11日は、中央公民館に集まって、立て看板作りをしました。小さい子ども達は、字に色を塗ったり、切り抜きを手伝ったり・・・

小学生のKちゃんにkajiiの絵を描いてきてもらいました。

せっかくみんなで集まったので、ゲームをして遊びました。幼児の子ども達は、輪ゴム鉄砲で的当てや絵合わせゲームをしました。

大人は、紙コップでBINGOをトーナメントしました。自分の駒は、大・中・小の紙コップを2コずつで計6コ。交代でコップを置いて、縦か横か斜め3コ並んだら勝ちです。ただし、相手の紙コップより大きい紙コップには、被せることが出来ます。決勝戦です。Sさんが優勝しました。単純そうに見えて、奥深いゲームで脳トレが出来ました。みんなのアイディアの結晶で、ステキな立て看板が出来ました。

第39回サマーキャンプ

8月8~9日1泊2日、総勢26人(小学生9人・中高生7人・青年3人・大人6人)でサマーキャンプに行ってきました。今年は、久しぶりに大型バスを使って、西宮市立山東自然の家へ出かけました。

入村式で全員がそろいました。

まずは、唐揚げ弁当で腹ごしらえ。

お腹がいっぱいになったところで水遊び。久々にポイゲームで遊びました。

人口池に移動して、思いっきり水の掛け合い!!

恒例スイカ割り!!とっても甘いスイカでみんなよく食べたね。

晩ごはんは、BBQ。野菜を用意したり、炭に火をつけたり、みんな頑張りました。デザートには焼きマシュマロもしました。

BBQの準備をしている時に、ファイヤーの準備を進めていました。

さて、暗くなってキャンプファイヤーが始まりました。ファイヤーロードを通って、ファイヤー場へ。

火の女神さまに火をつけてもらって、ファイヤーゲームの始まり始まり!!

今回は、テントではなく、宿泊棟に泊まったので、お風呂にも入りゆっくり寝ることが出来ました!?

2日目の朝は、大忙し。朝食のカートンドッグと昼食用の焼きそばを並行して作ります。食器等の返却時間も決まっていたので、みんなでフル回転。

片付けもみんなで頑張りました。結構チェックが厳しくて、鍋や鉄板は、何回もやり直しになり、大変でした。(by大人)

この後は、体育館で班対抗の風船バレーをしました。白熱した試合が多く、時間を忘れて大盛り上がり!

すっかりお腹もすいたので、朝作った焼きそばが、美味しかったです。

みんなでサイン帳を書いています。

楽しかったキャンプもあっという間に終わり、宝塚へ。

おまけ 少し時間があったので、キャンプ場で出来なかったカードゲームをしました。

準備を始めたころには、いつも通りにキャンプが出来るだろうと思っていたのに、日が近づくにつれて、状況は悪くなり、出発まで祈るような気持でした。感染対策をしながらも、広々とした自然の中では、日ごろのピリピリした気持ちが解放され、子ども達の楽しそうな様子に心癒されました。天候にも恵まれ、無事1泊2日のキャンプが出来たことは、奇跡だったのかも!?来年は、2泊3日のキャンプが出来たらなぁ~

 

プチふぁみクラブ「水遊び」&「カートンドッグ」作り

2022年9月7日(水)10時から望月ハウスで「プチふぁみクラブ」を開催しました。
夜中まで雨が激しく降っていて心配しましたが、朝には晴れて「水遊び」日和となりました。
お昼はキャンプではお馴染みの「カートンドッグ」を作って食べました。

親子3組(大人3人、子ども4人)とスタッフ8人、合計15人の参加でした。

#自己紹介

#水遊び
プールの中には入らないで、おもちゃを浮かべて遊びました。

#カートンドッグ作り
《カートンドッグの作り方》
パンに下記の順番に入れていく
①キャベツ(生をスライス)
②ケチャップを塗る
③ウインナーをはさむ(食べやすいように半分にカット)
④出来上がったパンをアルミホイルで二重に包む。
⑤アルミホイルで包んだものを牛乳パックに入れる。
⑥外で焼く。
⑦外のアルミホイルを剝がしてお皿に乗せたら出来上がり!
「いただきます」「おいしいね」
デザートにスタッフの作った「マンゴーゼリー」がありました。

ピピアめふわくわくフェスティバル『こもたのひろば』

8月22日(月)ピピアめふ6階和風ホールで行われた『こもたのひろば』に参加しました。

「こもたの」は宝塚で子育て中の家族と、子育てを応援する人をつなぎ、みんなで子育てができるまちを目指す地域子育て応援プロジェクト。今回は0歳から参加できる遊びの広場・第1回目です。

ふぁみげきは工作「カエルパッチン」「キラキラマラカス」・手作り品販売・劇場の宣伝ブースで参加しました。

ホールの中や外では、子育て支援に関わるグループの趣向を凝らしたブースがありました。

ステージでは絵本の読み聞かせの他に、赤ちゃんがメインに参加できる「抱っこ・はいはい・よちよちレース」も! 

この日は『ピピアめふわくわくフェスティバル』として開催され、4階でのマリンバコンサートや縁日コーナーも多くの親子連れで賑わいました。

ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、ソーラーライトボトル作りはお昼前に早々の店終いとなり、残るストラックアウトに長い列ができました。

コロナ禍で夏の風物詩が味わえなかった子どもたち、少しはお祭り気分を楽しめたかな。市内のあちこちに子育てを応援する人がいて、様々な団体があります。

ふぁみげきも発足から46年、地域の皆さんとつながり合い、支え合い、「子どもたちの未来に明るい希望と豊かな愛を!」と、子育てを応援してきました。三世代にわたる会員も増えました。

これからもずっと、ずっと、一緒に子育てを楽しくしましょう!!   

 

エルフェスタ 2022

宝塚市立男女参画センターで、3年ぶりに規模を縮小し、事前予約制で開催された
「エルフェスタ 2022」に工作で参加しました。親子で楽しめるイベントです。
ふぁみ劇は、工作コーナーで参加。

高校生I君とと中学生N君も手伝いに来てくれました。
わりばしと輪ゴムを使った輪ゴム鉄砲2種類作りました。


ペットボトルのキラキラビーズ他を入れてミラクル楽器の完成!

作った輪ゴム鉄砲で遊ぶコーナーもありました。

紙コップで作った的を上手にたおせるかな?

時間を区切っての事前予約制だったので、ゆっくりと作ったり、遊んだりできました。
3年ぶりのコロナの制限のない夏でしたが、コロナの感染拡大は収まるところを知らず、
すごい数の感染者が出ていて心配しましたが、感染対策をしつつ、久しぶりに開催でき
良かったです。来年こそは、会場が子どもたちでいっぱいになってにぎやかに開催でき
ますように。

 

 

子どもソーイング教室

夏休みの期間、4回に渡って子どもソーイング教室を望月ハウスで開きました。計14人の子どもが参加してくれました。

第1回目(7/27)
足でコントローラーを踏みながら、ミシン針の動きに集中するに子ども達。真剣な取り組みに、指導者一同、感心しました。

第2回目(8/3)
元気なY君も、今日は集中して取り組み、仕上げました。

第3回目(8/10)
サマーキャンプに参加したの次の日にもかかわらず、疲れ知らずの子ども達。
4年生のお姉さん達は、縦型のトートバッグにしました。同じ形でも、柄によって雰囲気が変わり個性が出ました。

第4回目(8/24)
Rちゃんは2回目の参加で、バネグチポーチ2個(1個はプレゼント用)と縦型トートバッグを作りました。嬉しくて、その夜は枕元に作品を置いて一緒に寝たそうですよ。
小1のFちゃんも、最後まで集中して仕上げました。