北ブロック「中山寺梅林散策」&「ナゾのトンネルと丁字ケ滝探検」

2022年3月16日(水)中山寺に梅を見に行きました。参加者7名。

阪急宝塚に10時に集合して中山寺へ
集合時間はあってないようなもので、遅れて来る人とラインで連絡を取りながら、ぼちぼち梅を見に行きました。
今年は、この紅白の梅がとても綺麗でした。
お天気に恵まれて、青空に梅の花が映えます。
去年来た時(3月1日)には気が付かなかった「河津桜」が満開でした。
「星の広場」で、感染に気を付けでお弁当を頂きました。
ゆっくり、のんびり、青空の元、梅を見ながらの散策に心が洗われました。

本来はここで解散でしたが・・・

前日(3月15日)のテレビ番組キャストの「なんでやねん」~宝塚にナゾのトンネル~
の話題になり、「知らない!行ってみよう!」とフットワークの軽い北ブロックのメンバーが早速探検に出かけました。

「ナゾのトンネル」は・・・
旅館「壽楼」の経営者山本宇兵衛さんがお客さんに涼んでもらう(天然の冷房)ために作ったトンネルでした。今は入れません。
その奥に宝塚の名勝八景の一つ「丁字ケ滝」がありました。
今は水量が少ないですが、夏はもっと水量が多くて見ごたえがあるそうです。
夏にもう一度来たいですね。

偶然、この場所を1人(ボランティア)で整備されている谷輪さんに出会い色々とお話を伺うことができました。谷輪さんは地域のために活動(温泉まつり等)されていて、この場所も1年半前は雑草が生えて人が入れない状態だったそうです。
落石があり危険な所にロープを張ったり、別に入れるようにスロープをつけたり、ボーリングの跡を分かりやすく標記したり、手作り感満載で頑張ってくださっています。

宝塚に住んでいても知らない歴史や見過ごしている名所がいっぱいあるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください