カテゴリー別アーカイブ: 活動

エルフェスタ

 

8月24日(土)10時〜 男女参画センターで行われたエルフェスタに 今年も参加しました。    赤ちゃん連れをはじめ、親子で楽しめるイベントです。

午前中は、チカパン&京本千恵美 ふたりのコメディエンヌによる爆笑エンターテイメント「ウンポコバラエティ!」 定員を超える子どもと大人でいっぱいの会場で、みんないっしょに大笑いしました。いつものごあいさつは、子どもだけでやりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フリーマーケット」では、子ども服・雑貨などの販売に沢山のお客さんが来られました。

                                                            

                       

「軽食コーナー」ではホットドッグとコーヒー、ジュースの販売しました。
                                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チカパンさんと千恵美さんも食べてくださいました。

 

                  

 

あそびコーナーでは「ぽんぽんカーリング」「射的」「ストラックアウト」をしました。    ふぁみっこ縁日でしていたので、子ども店長を中心に手際よく準備も出来ました。       来られる方がそれ程多くなかったこともありゆっくりと遊んでもらえました。

 

                

「♪楽器を作ってあそぼう♪」

7月30日(火)13:30~15:30 男女共同参画センターで、
9月の例会「だるま森のがっきやさん」事前ワークショップとして
開催しました。幼児から小学生のお友達18名の参加。太田てじょんさんとふかじゅんに「風船サックス」と「トランペットカズ~♬」を教えてもらい作りました。



これがふしぎなおんかい「フリージャズ!?サックス」(「風船サックス」)

「トランペットカズー」は、歌を歌うように息を吹き込むと、「ブブッ!ブ~~~!」声が擬音に変わります♪ 
できあがった「トランペットカズー」で、テーブルごとに一曲ずつ演奏しました。
「線路はつづくよどこまでも」「チューリップ」「きらきら星」みんなとっても上手に演奏できました。

それからみんなで楽器を鳴らしながら、行進して遊びました。
最後にデジョンさんが「おにのパンツ」の紙芝居もしてくれました。楽しかったね。

9月16日(月・祝)14:00から中央公民館ホールで「だるま森のがっきやさん」の例会です。
またちがったたくさんの手作り楽器が出できます。お楽しみに♪

宿題広場

2019年7月23日、望月ハウスで宿題広場 ~夏休みの宿題をみんなでしよう!!~ を

行いました。 一年生から四年生までの6人の小学生が集まりました。

                  

午前中は宿題、お昼ご飯はそうめんを交代で流し、流しそうめん 😀 

コロッケ、プチトマトも食べておなか一杯に。

 

食べた後は、百人一首、神経衰弱をして遊びました。

休憩の後は再び宿題をがんばっていました!

いちご狩り

2019年5月19日(日)、今年も、神戸市北区二郎の古家さんの畑で、いちご狩りをしてきました。
今年も、ハウスと露地と、それぞれ味わいの違うの甘い苺を堪能しました。

それでも、お弁当は別腹か、みんなで賑やかにお弁当を楽しみました。

今年の川は、浅瀬がなくなり深くなってしまったので、小さい子ども達は遊びにくくなってしまったけれど、頑張ってパパと降りた子どももいました。

一方、畑では、レタスや玉ねぎを収穫させていただきました。

最後に記念写真を撮りましたが、人数が多くて、なかなか大変でした。

和太鼓ワークショップ

和太鼓ワークショップ
  ~太鼓をたたいてみよう!~
4月14日(日)13:30~15:00   ぷらざこむ1 3Fフリールーム
2019年5月12日(日)の例会「太鼓はばびやんこ」の事前として太鼓のワークショップを行いました。
和太鼓集団『耀(きらり)』より6名の方が来てくださいました。

初めに、きらりさんの和太鼓演奏を3曲聴きました。息の合った素晴らしい演奏でした。
5つグループに分かれて、ワークショップのはじまり。

はじめは、「チューリップ」「はるのおがわ」の歌に合わせて、右・左・右と太鼓をたたく練習からして、最後は、演奏も聴かせてもらった「にぎわい太鼓」を練習しました。
むずかしかったけど、みんな頑張って、覚えました。そして、一人づづ順番に交代しながら、自分のパートのリズムをたたいて、練習の成果を発表しました。

最後はみんなで、かっこいいポーズで締めました。
きらりさん、ありがとうございました

将棋大会

2018年12月9日(日)中央公民館で自主活動部の将棋大会を開催しました。

おとな、こども合わせて21人の参加でした。

森先生と2人のお弟子さんに教えていただきながら、対戦もしました。初心者から上級者まで楽しい時間を過ごしました。

表彰式はショ・ショ・ジの例会で!

 

「忍者、まちをはしる!!」

2018年12月1日(土)、小春日和の中、
アフタフバーバンさんの「忍者、まちをはしる!!」
イベントを開催しました。

小学生15名、幼児親子9組の参加者が集まり、風呂敷を巻いて忍者に変身!!

 

 

 

 

 

 

まず初めは、大林寺さんのホールで、忍者とは・・・のお話を聞き、みんなでいろいろな修行をみたり、体験したりしました。
忍者トマトコロコロ参上! アフタフバーバン関西事務所の北崎圭太さん。

さあ、いよいよ外に出で、忍者修行の始まりです。幼児親子チーム、清荒神の参道に出て、『お店さがしの修行』に出発だ!

身体の一部をくっつけたまま移動する「くっつき修行」をしながら、参道へ降りていきました。
みんなで手をつないで、離さないでね



お店さがしのヒントの写真が一枚づづ配られました。
これを手がかりにお店を探すことができるかな?

小学生チームも「お店さがしの修行」に出発しました。

「今何時ですか?」と聞き、合言葉が帰ってきたら成功です

白蛇くんにも出会いました。

 

 

 

 




黒忍者に見つかりそうになると、変身の術で、変身して身を隠します。
みんなでお地蔵さんに変身中。!

見つからないように、蟹に変身だ
みんな真剣!!ぼくたちはカラスだよ!!

参道を走り回りました。参拝者の方々からも、「忍者?」と声を掛けられ、
「楽しそうですね。」「いいですね!」と温かい目で見守ってくださいました。
観察修行もしました。







最後は、大林寺境内で、子どもVS大人のちゃんばら対決!!
子ども、大人も真剣になって戦いました。

忍者修行を終えた子ども達には、巻物が授与されました。

宝塚では、はじめての企画でしたが、みんなとても楽しんでました。
子どもも大人も、仲間と、一緒に、真剣に遊ぶ楽しさを実感した一日となりました。
ご協力いただいた清荒神参道の皆様、会場を貸していただいた大林寺さま、ご協力
本当にありがとうございました。アフタフバーバンの忍者の皆様も、また忍者遊びしたい
という声がたくさんありました。またよろしくお願いします。

淡路島バスツアー『みかん狩り』

11月23日(金・祝) 急に冷え込んできましたがバスの中は暖かく、なぞなぞ等のバスレルを楽しみながら淡路島へ向かいました。
大人35人、中学生1人、小学生5人、3歳以上の幼児10人、3歳未満5人(合計56人)の参加でした。
「プチふぁみクラブ」との共催です。
詳細は「プチふぁみクラブ情報」をご覧ください。

#吹き戻しの里
   
 
 

#みかん狩り
 

#お弁当タイム

帰りに「淡路ハイウエイオアシス」に寄ってお土産や夕食を調達しました。

ふぁみカフェ 第310回例会『だって だってのおばあさん』

今回のふぁみカフェは、11月18日(日)12時オープン
西公民館のパーティールームと調理室です。

例会の後、みなさん並んで12時のオープンを待ってくださいました。
受付で食券を買って、席で待ちます。
みんなおいしそうでどれにするか
迷ってしまいますね。
お手伝いの子どものウエイトレス、ウエイターさんが、食券と交換で運んできてくれます。
たくさんの注文も間違いのないように、丁寧に、しっかりお仕事してくれます。
会員の交流の場にもなっています。
今日の例会の出演者の人形劇団のクラルテさんも舞台の片付けの後、カフェに来てくださいました。
例会の感想やいろいろなお話も聞かせていただき、楽しい時を過ごしました。
劇団の方との交流ができるのも劇場の楽しみのひとつですね。
ジュースとコーヒーなどの飲み物は、子ども達のジュースやさんで、注文します。
そして、今回から初登場!!『駄菓子屋さん』も子ども達のお店です。仕入れから販売まで、子ども達が考えて準備してくれました。たくさんのお菓子が並びました。
今回もたくさんの来ていただき、あっという間に完売しました。
ありがとうございました。

たべものは、すべて会員の手作りの品です。
得意な料理・パン・お菓子などがある方「ふぁみカフェ」に出してみませんか?
スタッフ、子ども達のお手伝いも毎回募集しています。
ご協力よろしくお願いします。

 

 

 

 

第8回ふぁみ塾ー稲刈り体験ー

10月13日(土)10時~
6月に恐る恐るぬかるんだ田んぼに膝までつかり
おぼつかない手つきで植えたヒョロヒョロの苗が、猛暑に暴風に大雨に耐え
こんなに逞しく金色に輝く稲穂となって私たちをお迎えしてくれました。

こちらが、これは本当に稲なのか?と半信半疑で植えた6月の様子。

まずは稲の刈り方、注意事項をしっかりと聞きます。
稲がお肌に触れるとかゆくなるので、必ず長袖、長ズボン、軍手を着用すること。
ケガを防止するために長ぐつを履きます。

稲は下から5㎝のところを鎌で刈り取ります。
小さい子どもは、はさみでもOK。
このダイソーの鎌が大活躍。オススメです。

 


鎌で足を切らないよう気を付けます。

  刈り取った稲は5~6株が1束になるように重ねていきます。 
お米が汚れないよう、乾いた場所に置きましょう。  

それを「ほーむべーす」のご主人が
手際よく藁をつかって束ねて
いきます。

束ねた稲をよく乾燥させるために稲木にかけて
いきます。

 

 


そろそろ疲れてきたので終了です。
「ほーむべーす」さんの事務所に戻って、コンバインを使って収穫する様子や、脱穀する様子の
ビデオをみせていただきました。

除草剤を使わずに田んぼの手入れをされている「ほーむべーす」さんの労力を惜しまないお姿に
頭が下がります。ありがとうございました。

ケガや事故もなく、雨で延期になることもなく無事に田植え&稲刈り体験2018を終えました。