カテゴリー別アーカイブ: 他団体との協賛イベント

第7回 わくわく!そうぞう!たからんまつり 食べ物屋台編

2019年3月30日(土)・31日(日)にたからんまつりが、宝塚文化創造館と花のみち・さくら橋公園で開催されました。
今年も宝塚ふぁみりぃ劇場は、公園でダンボールであそぼう!のコーナーとたべもの屋台を担当しました。

〈30日 たべもの屋台〉
「綿菓子・ソースせんべい」は、中学生・小学生ががんばってくれました
「ホットドック」「カレー」は、毎年、美味しくって大人気
「たこやき」

〈31日 たべもの屋台〉
今日は、風が強く、176号線に面したところへ移動しました。
食券売り場「カレー」「ホットドック」
「綿菓子」


「ソースせんべい」

「焼き鳥」
ふぁみ劇のお父さんたちが頑張ってくれました。

第7回 わくわく!そうぞう!たからんまつり

2019年3月30日(土)・31日(日)にたからんまつりが、宝塚文化創造館と花のみち・さくら橋公園で開催されました。

今年も宝塚ふぁみりぃ劇場は、公園でダンボールであそぼう!のコーナーとたべもの屋台を担当しました。

〈30日ダンボールであそぼう!〉
少しお天気が心配されましたが、予定通り、決行!

開場前から、たくさんの方が遊びにきてくれました。ダンボールカッターで切ったり、貼ったりして、思い思いの作品を作っていきます。みんな真剣!
立派なおうちが何件も建ちました。雨も時々パラパラしても屋根があるから大丈夫ですね

お昼には、完成した我が家でランチタイム!!たのしいね

宝塚ふぁみりぃ劇場のPRコーナーもあります。
テントの下でぬりえをたくさんのお友達が楽しんでくれました。

5月の例会の「太鼓はばびやんこ!?」の素敵な手作りの看板やふぁみ劇の活動写真もいっぱい見てもらいました。
13時半過ぎには雨が本格的に降り出してきたので、早めに片付けることになりました。
雨の中、みんなで力を合わせて、片付けました。

〈31日ダンボール迷路とダンボール積み木であそぼう!〉
31日の日曜日は、天気は回復しましたが、朝は風が強く、ダンボール迷路できるかと心配しましたが、迷路も無事に作ることができ、一日楽しむことができました。

スタッフで迷路作成中

10時30分から迷路遊び開始!! 受付でスタンプラリーの判を押してもらって、かえるポイントに交換します。

たくさんの子ども達が遊びにきてくれました。あっちに行ったり、こっちに行ったり、みんな仲良く楽しんでいました。


今年は、新企画「ダンボール積み木のコーナーもありました。
お友達と協力して、高くつんだり、壊したり。お家を作ったり、乗り物を作ったりと、子ども達の発想力は素晴らしい。
風が強くテントは建てれなかったけれど、宝塚ふぁみりぃ劇場のPRコーナーは、ぬりえを楽しむ子ども達でにぎわいました
今日も最後は、みんなでダンボールの片付けです。無事に二日間開催できたことを感謝します。のべ800人近い方が来場くださいました。毎年楽しみに準備してきてくださる方も増えて、年々ダンボールの作品も完成度の高いものが増えてきました。お父さんががんばっておうちを作っている姿、完成したおうちに入って得意そうな子、子ども達の本当に楽しそうな笑顔が印象的でした。

今年も快くダンボールを提供してくださった商店の方ありがとうございました。そして準備からダンボール回収、当日の見守りから片付けまでご協力いただいたスタッフ、実行委員の皆さんありがとうございました。

エル・フェスタ

今年も男女共同参画センター・エルの催し
「エル・フェスタ」に参加しました。

 

 

 

 

恒例となった人形劇は「チュータとクッキー」「カボとピノ」
人劇団ココンによる楽しい演目で、会場内には子どもたちの笑い声が響いていました

 

 

 

 

ほぼ満席で、今年も「人形劇は初めて」の
小さなお子様にも楽しんでもらいました

 

 

 

そして、こちらも恒例となった軽食コーナーの「ホットドッグ」
「絵本で子育て」センター 支部絵がおさんと一緒に。

 

 

13:30からは「みんなであそぼう」のコーナーを「民生児童委員」の方々と一緒に担当
今回は小さなお子様から大人まで、作って遊ぶを企画しました

早くから長い列ができて、受付は大忙し!

玉入れ・紙コップタワー・さかな釣りゲーム

手作り楽器・割りばし鉄砲・金魚など盛りだくさん。


スタンプラリーでシールを集めるとうれしい景品がもらえます
会場中央のホールでの紙コップタワー。慣れてきた後半には身長を超える大作も出現!
おとなも子どもも、楽しい一日になりました。

 

 

こむ1会フェスティバル

2018年5月27日(日)10:00~16:00 ぷらざこむ1にて
第4回こむ1会フェスティバ~つながる ひろがる 出会いの広場へようこそ~
へ参加しました。

3階の会場で、「工作コーナー」として

クルクルレインボースライム作りをしました。

たくさんの親子連れや子ども達、そして大人の方まで、工作を楽しんでもらうことができました。


クルクルレインボーは、回すと不思議な形に変化して、子どもも大人もすっかり魅了されて、
細かい作業もあり、ちょっと難しかったけどみんな一生懸命作りました。


スライム作りは、東ブロックの小学生のお兄ちゃんが、やさしく教えてくれました。
ホウ砂水と水のりを入れて、ぐるぐる混ぜ合わせるとスライムに。絵の具で色も付けました。

ふたつとも大人気で、用意した材料はすべて、二時前には、売り切れてしまいました。
会員の子ども達もたくさん遊びにきてくれました。また、お手伝いもたくさん参加ありがとうございました。                                (東ブロック)

ええまちつくり隊2018「人形劇鑑賞&親子でつくるタオル人形」

阪急阪神ホールディンググループの
阪急阪神未来のゆめ・まちプロジェクト
ええまちつくり隊2018
宝塚ふぁみりぃ劇場企画
『人形劇鑑賞&親子でつくるタオル人形』を
2018年4月25日(水)11:00~12:45 宝塚市男女共同参画センターにて
開催しました。

0歳児から文化体験をとの思いで、乳児から未就学児対象に募集しましたところ、
たくさんの親子に興味を持っていただき、抽選で、当日は21組の0才から2才の親子に
参加していただきました。

人形劇は子どもも親も楽しんでいただけ、タオル人形作りも、簡単にかわいいウサギやカメなどができ、親子で楽しい時を過ごすことができたようで、よかったです。

当日の様子です。ご覧ください。http://www.hankyu.co.jp/ekiblo/yume-machi/27025/

第6回 わくわく!そうぞう!たからんまつり

 

3月24日(土)、25日(日)の二日間 宝塚文化創造館&花のみち・さくら橋公園で、第6回たからんまつりが行われました。

今年もふぁみりぃ劇場は、あそびのコーナー、PRのコーナー、模擬店を担当しました。

〈PRコーナー)

公園内にオレンジテントを立て、「ピアニカの魔術師」の立て看板や ふぁみ太マンの立て看板などで、楽しいPRコーナーを作りました。ブルーシートを敷き ダンボールを利用して大きなテーブルを作り、ゆっくりと過ごしてもらうスペースです。塗り絵や音の出るおもちゃを作りに、二日ともたくさんの親子連れが遊びに来てくれました。

〈あそびのコーナー〉

●3月24日(土) 「ダンボールであそぼう!」

参加費無料、ダンボールカッターとガムテープで好きなものを自由に作るこのダンボール遊びを楽しみに訪れる親子連れで、10時の開始前から行列ができていました。はじめは日陰で寒かったのですが、どんどん人が集まり、日が昇るころには、所狭しと立派な家・可愛い家・・・素敵なマイホームが立ち並びました。

 カッコいい帽子や武器を作る子たちもいます。

      ダンボールロボット出現 😀   お天気もよくて、楽しいランチタイムのおうちもたくさんありました。今年は 一日ゆっくりと過ごす家族が多かったです。       

●3月25日(日) 「迷路で遊ぼう!」

朝一番に倉庫のダンボールを公園に運び出して、ゲートや門をどんどん作ります。

      10時になると子どもたちが続々と迷路に入っていきました。 不思議そうにのぞきこんだり、途中で顔を出したり、お父さんやお母さんをさがして手を振ったり。とても楽しそうに遊ぶ様子に こちらも微笑んでしまいます。

〈模擬店〉

お天気にも恵まれ、両日ともたくさんのお客さんが列を作って買ってくださいました。

わたがし(100円) ・・・ ふぁみ劇の子どもたちが 大活躍 🙂 

ミニカレー(100円) ・・・ ミニとなっていますが、たっぷり1食分🍛

たこせん(100円) ・・・練習して 上手に作れるようになりました。

 

ホットドッグ(200円) ・・・連係プレーで 仕上げます。

ぜんざい(150円) ・・・今年の新メニューは、美味しいと好評でした。

2日間とも、最後は参加者・会員みんなでダンボールを片付けて、公園はあっという間に元通りになりました。

たからんちゃん 😛 

おしまいに 集合写真。

 3/24

3/25  お疲れさまでした~!

 

 

宝塚あおぞらげきじょう

2017年11月11日(土)10:00~12:30
宝塚文化創造館の花のみち・さくらばし公園で

宝塚あおぞらげきじょうが開催されました。

ダンボールであそぼう!!

子どもも大人も夢中になって、迷路ゃ家をつくったりして
楽しみました。


ミッチーがアフリカの太鼓をたくさん用意してくれて、子ども達と一緒に太鼓をたたきました。

手作り楽器(マラカス)作りや仮装の衣装づくりのコーナーも大人気

 

ミッチーと一緒にアフリカの太鼓で仮装パレードの出発です🎵

みんな上手にできました👏楽しかったね💖

その他にも、紙芝居コーナー、丸太切り体験、かえっこバザール、などの楽しいコーナーがあり、たくさんの親子連れで、にぎわってました✨

 

 

〈11月の宝塚あおぞらげきじょう〉の案内

宝塚あおぞらげきじょう
2017年11月11日(土)   10:00~12:30 
宝塚文化創造館、花のみち・さくらばし公園にて

宝塚ふぁみりぃ劇場は、「ダンボールであそぼう」「手作り楽器作り」
をします。みんなであそびに来てね!!

楽しい企画がいっぱい!!かえっこバザールもあるよ !

エル・フェスタ

2017年8月26日(土)男女共同参画センターでおこなわれた

『エル・フェスタ』に参加しました。

劇団「虹色どんぐり」さんによる人形劇です。


「コロコロ」かわいいボールがいろいろ変身して・・・かわいかったですね。
「かえるのピュリエットとピュリオ』かえる版「ロミオとジュリエット」? かえるたちのかわいいお話でした。

終わってから、人形をみせてもらいました。


お昼ごはんにと軽食「ホットドック」をNPO「絵本で子育て」センター支部絵がおの皆さんと一緒に販売しました。 

午後13:30~15:30は、 〈工作〉夏休み 作って遊ぼう!!

妖怪ウオッチやミニオンズのバッチが大人気!

回すと不思議?いろいろな形に変形したり、お花のようになったりきれいですね♡ 

できた~!!楽しそう!!

他にも他団体さんによるイベントもたくさんあって、たくさんの親子が参加してくれました。
子どもたちの笑顔や真剣に工作を作っている姿に触れることができ、楽しい一日が過ごせました。
お手伝いの方、お疲れ様でしたm(__)m

 

 

岩沼

6月23・24日に、現在の岩沼の状況を知るために、”宝塚からの贈り物”のメンバー(宝塚ふぁみりぃ劇場から3人・ロータリークラブから2人・智内威雄さん)が岩沼に行ってきました。

仙台空港には、以前コンサートでお世話になった岩沼ロータリーの方が迎えに来てくれ、レンタカーで案内をしてくれました。

青い線が、津波の高さです

 

 

車を走らせると、まだまだ工事車両が多く、道路工事をしていました。
防災の第一歩として、逃げ道の確保で山へ伸びる幅広い道路の整備で新しい道が出来ています。

海岸線には、堤防を兼ねた7Mの高さの道路を工事中。

海沿いには、11Mある避難丘があちこちに作られ、海に近い工場の建物は、避難場所となるよう4階建てになってました。

海岸そばの浜中小学校へも行ってきました。
遺構にする予定で当日のまま残っていますが、簡単な写真&説明文はありましたが、立ち入り禁止のテープが張られたままで手付かずです。

屋根にSOSを書いて救助を求めていた病院にも行ってきました。
病院南にある松林は、津波を受けた松は、倒されたままでしたが、周りは、草が生え、菖蒲も花を咲かせ、6年の月日を感じました。
松林と病院の間には、土手が出来ており、いろんな種類の木が植えられており、将来防風林になる事でしょう。

海岸線のあちこちに避難丘が出来ています。

病院内部も見せてもらい、水の跡がまだ1階天井付近にありました。

 

高い瓦礫の山は、なくなってましたが、瓦礫をコンクリートや木などの種類別に仕分けして置いてある状態でした。

 

コンサートをした市民会館にも行ってきました。
当日周りには、仮設住宅のプレハブがたくさん建ち並んでいたそうですが、昨年6月には全て解消され、駐車場になっていました。(岩沼の仮設住宅解消は、近隣に比べて、かなり早かったそうです。)

 

24日は、午前中に、岩沼おやこ劇場の方と交流会をしました。
事務所の近くにある゛ホームひなたぼっこ二木゛(1軒屋を改装して、保育園と高齢者のデイサービスを一緒にやっている所)をお借りしました。

現在の親子劇場の運営されてる方は、土曜日は、家族と動くので、出られませんとの事(どこも事情は似たような感じです。)で、現在も会員であり、元運営を担当された方が来てくれました。
当時の話や劇場の実情など、ざっくばらんに話をしてくれました。

震災後たくさんの創造団体が慰問に行きたいと連絡をくれましたが、人が集まる場所は避難場所になっており、場所もなく、自分たちの生活が手いっぱいで、受ける心の余裕もなかったと・・・
ただ、宝塚からの贈り物のコンサートをお願いした時は、タイミング的にはよかったようです。また、コンサートをお願いしたことで、岩沼ロータリーと劇場の繋がりが出来た事はよかったと聞き、ホッとしました。

子どもの文化の火を消してはいけない!と思い、活動を続けていると語った劇場の方の言葉が心に残っています。

劇場の方とデイサービスの高齢者20人足らずと保育園の子どもが5人の参加で智内さんのミニコンサートをしました。
準備時間には、”ひなたぼっこ”でいつも歌っている朝の歌を披露してくれました。

乳幼児には、座って聞くのは無理かも…と心配しましたが、わらべ歌を交えたコンサートに、しっかり座って聞いていたのはびっくり!
高齢者の男性の方も、いつもは関心を持たないのに、しっかり聞いていたと聞くと、音楽の持つ力は、すごい!と感じずには、いられませんでした。