夏の思い出・親子キャンプ&サマーキャンプ1日目

2018年8月18日(土)~20(月)、今年は三田市木器(こうずき)にある『アウトドアビレッジTEMIL』(旧、伊丹市立野外活動センター)に行きました。
参加者は、1泊の親子キャンプが56人(幼児14人、小学生12人、大学生1人、大人29人)2泊のサマーキャンプが27人(小学生8人、中学生3人、大学生9人、青年4人、大人3人))と、最近にない大所帯となりました。
また、今年は猛暑でどうなるかと心配していましたが、当日は少し暑さも和らぎ、快適な天候となりました。

9時、JR宝塚コンコースに、元気に集合。

三田駅から路線バスでキャンプ場入り口まで行き、そこからは30分歩きます。
幼児は、自家用車組に運んでもらいました。
キャンプ場への道は、田んぼが広がってます。

キャンプ場に着きました。
車組も合流して、11時から入村式です。
実行委員長の喜多河君から、班のリーダー5人と、大学・青年のサブリーダーが紹介されました。

お昼ご飯は、班ごとに、スタッフの用意した具材をはさんで、サンドイッチを作って食べました。
1班は、リーダーひなた(中2)、サブリーダーまゆこ(青年)と、まこと(高校生)でした。
2班は、リーダーいちたか(中1)、サブリーダーゆりか(大学生)と、せいや(大学生)でした。

3班は、リーダーゆうき(中1)、サブリーダーふみか(大学生)と、こまり(大学生)でした。

4班は、リーダーななみ(小5)、サブリーダーゆめ(大学生)と、つるみ(大学生)でした。

5班は、リーダーよっしー(小6)、サブリーダーりょうや(大学生)と、りょう(大学生)と、さやか(青年)でした。りょうやは、2日目からの参加です。

ご飯を食べた終えた子ども達は、水遊びの準備をして遊んでいます。誰かの携帯が割れた様です。

水遊びに、ファイヤー場へ出発です。

水を水鉄砲のタンクに入れ、戦いが始まりました。

水風船が配られました。

場所をバーベキューサイトに移動して、スイカ割りをしました。

遊びすぎて、シャワーの後、やっと夕食のカレーダッチオーブン料理を開始。薄暗くなっての夕食となってしまいました。

今日最後のスケジュールは、キャンプファイヤーです。 青年達が、ファイヤーの薪を組んでくました。
火の神様が現れ、薪に点火されました。

花火をして、一日が終わりました。

炊飯棟の中で、リーダー反省会をしました。
ファイヤーの準備と後片付けをしてもらった三人に、遅い夕食を食べてもらいました。
ダッチオーブンの野菜と丸鶏が、最高に美味しくなっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.