アフタフ・バーバン「チチンプイ!おおきくなーれ!」&ランチパック作り

6月20日(水)10時半から宝塚市立男女共同参画センター・エルでアフタフ・バーバンのけいた君を迎えて乳幼児親子表現ワークショップ「チチンプイ!おおきくなーれ!」を行いました。
大雨、地震の心配の中、21組の親子(大人21人、子ども23人)とスタッフ20人とけいたさんを合わせて65人が参加してくださいました。

#タイトル『春の野原でたまごさがし』
みんなで春の野原に行き、農家の方が失くしたヘビのたまごを捜して、かえして、子育てするというお話。
その中で遊び歌・新聞紙での素材遊び・親子のふれあい遊びなどを行いました。

#テーマ
保護者:本当に短い期間、今こそ、子どもを触って、見つめて、関わって。お母さんが安心して楽しめる空間を創る。
子ども:お母さんといっしょに、心と体を動かす。生きてるっていいな。

#自己紹介と朝の挨拶
笑顔がそろったら、お腹に力を入れ、大きな声で朝の挨拶「おーはーよー」


#ちょっと調査「みんなが元気かどうかの調査」

ちょっと調査 ちょっとちょっと調査 どんなみんながいるのかな?
お腹をモミモミ調査・脇をツンツン調査・体をこちょこちょ調査・ほっぺをちゅーちゅー調査・体をぎゅーぎゅー調査

すぐに、手から離れていく我が子を今のうちにぎゅー



#春の野原へ行こう!お友達から手紙が来た!
♪大型バス ♪おふねは ぎっちらこ で出かけます。

この辺りが春の野原!お友達の卵農家の方がこの辺りに・・・
(スタッフが卵農家として登場)
「卵から生まれるヘビの赤ちゃんを見せたかったけど、卵が風で飛んでった。自分では捜せず、とても困ってる。」

#新聞紙で作った卵捜し
「あった!」を一緒に。「つかむ」「わたす」「あつめる」を遊ぶ

#卵が元気がない。どうしよう?
卵に関わってみる→揺する・音を聞く・臭いをかぐ・温める・お腹に入れる


春風やーい!(緑の布をスタッフが持って)卵を飛ばす。キャッチする。




#ヘビの誕生

新聞紙の卵からヘビが誕生


#卵農家に届ける

#急いで帰らなきゃ!
♪飛行機 飛行機 飛行機びゅーんゆーん もと山まで飛んでいけ 3・2・1!


♪パーとパーでパッパッパ パッパッパでさようなら

1時間のワークショップ
子どもも親も生き生きとした時間を過ごしました。
楽しかったね。

#ランチパック
お昼は「ランチパック」を作って食べました。
 
 

具材は・・・
卵のマヨネーズ和え・酢玉ねぎのポテトサラダ(卵アレルギーの人のために)・チーズ・ハム・ピーナッツバター・マーマレード・生クリーム・フルーツ


野菜サラダ
子どもにはジュース
大人はコーヒー又は紅茶

 

「美味しいですか?」「はーい!」

パンの耳は油で揚げてお砂糖を混ぜて・・・大人にはシナモンを振って・・・
 

#フリータイム
午後からはプレールームでおもちゃを出して遊んでる子もいました。

#次回のお知らせ
7月4日(水)10時から望月ハウスで「七夕飾り」を作って笹に飾ります。
お昼は「じゃがいものチヂミ」を作って食べます。
参加費は500円(要予約)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.