レッドベコーズ

7月2日(日)、6月30日のドーンセンターでの企画会議で印象に残った『レッドベコーズ』のステージを、3人で観てきました。『貝塚ファミリー劇場』の例会で、会場は貝塚市立山手地区公民館ホールでした。

公民館入り口と、ロビーホールに、例会の看板がありました。

会場に入ると、ふぁみ劇には無い、桟敷席の両脇に「だっこ席」が設定されていました。
子どもの横に、幼児を抱っこした親が座れるように作っているそうです。

国際口笛大会成人女性の部で、2013年と2014年、日本人初の2連覇した高木満理子さん(マリリン)と、シンセサイザーの細川佳那枝さん(カナピー)のユニットです。

曲目構成は、
①口笛吹きと犬  ②トトロ「さんぽ」 ③チャルダッシュ
「ミニミニミニ口笛講座」
④幸せなら手をたたこう  ⑤たなばたさま
「鳥の鳴き声あてクイズ」
⑥365日の紙ひこうき
「シンセサイザーの音当てクイズ」
⑦ルパン三世  ⑧夜桜お七  ⑨アンコール「千本桜」

緩急自在で迫力満点の高木さんの演奏に、クイズや口笛講座を挟んで観客を飽きさせない工夫や、多才な細川さんの演奏と、とても楽しい息の合ったステージでしたが、一番の魅力は、茨城弁と青森弁と福島弁の混ざった高木さんのほんわかした口調とお人柄でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください