第322回例会「PLE-MIXのコメディ・シアター」

中央ブロックの担当「PLE-MIXのコメディ・シアター」の看板を、公演1週間後に控えた12月20日(日)、望月ハウスに集まって作りました。S君の構想のもと、大人も子どもも、担当箇所を黙々と取り組んでいったので、2時間弱で素敵な看板が完成しました。
今回はコロナ渦ということもあり、場内や場外のお当番の方が大声を出さないで済む様に、看板も作りました。

看板が出来た後は、おやつにクリスマスケーキをみんなで食べました。
例年なら、ゲームやビンゴで楽しむのですが、今年は我慢です。

いよいよ12月27日(日)、公演当日になりました。
名古屋を早朝出発したPLE-MIXの3人とスタッフ2人の皆さんは、渋滞もなく、予定より早くソリオホールに到着されました。

前回に続き、混雑を避けるため、13時から座席指定を発行しました。席は、家族のみ隣つづき席で、後は一席おきです。

今回の、劇団の方へのプレゼントは、ピエロや星と鬼滅のクッキーでした。
また、観に来てくれた子ども達にも同じ、同じクッキーを用意しました。

ご挨拶は、4年生のリーダーを筆頭に、可愛いクラウンマスクを付けた小学生7人組でした。

練習ではバラバラでどうなるかと心配でしたが、さすが小学生!完璧でした。

鍛え上げられた肉体と技術の上に、見る人を楽しませたいという思いで構成された、オシャレで楽しさ満載の作品でした。
コロナ禍の中にもかかわらず閉塞感を吹き飛ばす、ほんとうにふぁみりぃ劇場の原点である子どもを中心に全会員で楽しめた、そんな最高の例会でした。

公演後、例会部がChangさんにインタビューさせていただきました。
素顔のChangさんは、お顔もお声もめっちゃ可愛くチャーミング❤️舞台上のChangさんとは同人物には見えません。

搬出も、劇団の方だけであっという間に終わりました。

楽しい例会を、ありがとうございました。

次の日、事務局にお便りが送られて来ました。

皆様
昨日は大変お世話になりました。
コロナ禍の中、ステージを上演できた喜びで溢れています。
丁寧な客席作りや会員とのやり取り、仲間と楽しみたい気持ちが会場を満たしていました。
上演中も、さまざまな判断の迷いはありましたが、ラスト2回の上演を噛み締めてやらせていただきました。
上演後の皆様の健康には充分にご注視ください。
本当にありがとうございました。

宝塚ふぁみりぃ劇場に育てていただいたChangより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください