甲子園モダニズム建築探訪2

お昼を食べてから、武庫川女子大学の甲子園会館へ移動。

甲子園会館は、旧甲子園ホテルとして営業されていましたが、今は建築学科として、使われています。

前もって個人見学に申し込み、解説してもらいながら、会館内を見学しました。

日本に残る数少ないライト式建築、さらに打出の小槌を主題にしたオーナメントや日本の伝統美を生かした洋式建築です。

宴会場は、金を基調としたデザインです。

庭も散策しました。

ちょうど紅葉が綺麗でした。

朝ドラ「まんぷく」のふくちゃんが働いていたホテルのロケ地にもなったそうです。

松の木の根元にハートマークがありますが、戦時中にここから松脂を取り、燃料にしようとしたとか・・・

 

打出の小槌の中には、大黒様が飾っていましたが、今は行方不明だそうです。

今再現しようとすると、高額な値段になる照明です。

色を試したタイルを配置し、おしゃれな床になっています。

11月30日には、甲子園会館のライトアップがあり、解説はありませんが、申し込みなしで、見学できます。

あまり歩かない場所へ行こうと企画したのですが、終わってみると、9000歩ほど歩いていました。

近くにありながら、全く知らなかった建物に行き、詳しく解説してもらい、すごく勉強した1日になりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください