京芸創立70周年公演『あっちこっちサバンナ』

8月31日(土)、夏の終わりを感じる季節となりました。
京都府立文化芸術会館ホールで、人形劇団京芸の創立70周年記念作品『あっちこっちサバンナ』を観てきました。新作です。
会場には、1996年9月に宝塚市民会館で観た『モモ』の人形「モモ」も飾られていました。これは、劇団創立45年作品でした。20年以上経ちますが、今でも舞台の情景がよみがえります。


シママングースの子どもシンメル・ポーが、仲間とはぐれ、仲良くなったキングコブラと仲間を探してサバンナを旅する話。原作は斉藤洋、演出はくすのき燕。
旅の途中で、シマウマ、カメレオン、フラミンゴ、ライオン、ゾウなど、サバンナで暮らす動物と出会います。シマウマの体を斬新な洋服で表現していたり、カメレオンの舌が吹き戻しで出来ていたり、動物を太鼓やリコーダーや鍵盤ハーモニカや変わった楽器で生演奏で表現していたりと、工夫が沢山みられました。
ただ、こちらに(観る側に)シママングースの知識や馴染みがなく、「シママングースって、こんな顔なの?サルの仲間なの?」「シママングースとマングースは違うの?」「コブラの天敵はシママングースなの?」と、上演中に??と考えてしまう所がありました。最初に、説明が欲しかったですね。ポーも、可愛く見える大きな耳と目で、ちょっと違う動物に見えてしまいました。

帰りは、御所近くの「マダム紅蘭」で、京都中華を食べました。お店は、町屋を改装してあります。人気のトンポーローは、トロトロの角煮が入ってました。

帰りの阪急は、3月から運行されている「京とれいん」に乗りました。京都観光した気分になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください