カテゴリー別アーカイブ: 終わった例会・感想

第321回例会「驚異のリズム」感想

日時:2020年9月13日(日) 18:30開演

会場:ソリオホール

<子ども>

・少ない楽器でいろいろなうたをありがとうございます。楽しかったです。気分が上がる歌ばっかりです。 11さい

・最後の「ぐれんか」が一番好きでした。すべてかっこいい曲で楽しかったです。10さい

・おもしろかった。 13さい

・とても楽しかっです。もっとききたかったです。9さい

・ビートボックスと少ない楽器で音楽をかなでれるのがすごいと思った。 10さい

・ぐれんかが聞けてよかったです。
マスクの中で歌ってました。夜にかけるもやってほしかったです。
            9さい 
          
・良かったです。 14さい

・すごくたのしかったです。またみたいです。 7さい

・たのしかった。 7さい

・めっちゃたのしかった。7さい

・知っている曲が色々出て来て楽しかったです。 15さい

・おもしろかった。 9さい

・たのしかったです。 9さい

・じょうずだった。めっちゃじょうずだった。 7さい

<おとな>

・コロナでたのしみがなかったなか久しぶりのふぁみげきでとっても元気をもらいました。すごくすてきな音楽でした。次回がまたたのしみです。

・今日の楽器は初めてみる楽器でした。あるお父さんが1才位のお子さんとリズムを取ってる姿にほほえましく思いました。

・ビートボックス→カッコヨカッタ
スティールパン→キレイな音色にいやされました。
ベースパン→初めて見ました。心にひびく音で素敵。

・次回はコアメさんが居る時に聞きたいと思いました😊楽しい音楽をありがとうございました!!

・初めて生でヒューマンビートボックスを聞きました。スティールパンの音が大好きで、これも初めて聞けて良かったです。中米の明るい太陽と海の香りがしました。

・初めて見せていただきました。すごく楽しい一時でした。ありがとうございました!!

・久しぶりの生のリズム、心が踊りました。アフラさん、口だけでスゴイ!!

・ドラム缶、ボイスだけですてきな音楽ができることがすごかったです。上を向いて歩こう びっくりしました。すごかったです。

・ビートボックスの生演奏初めて聴きましたが、迫力があり感動しました。やはり生演奏はいいですね。感動をありがとうございました。

・まぶたを閉じて波の音を聞いていると白い砂浜の一気に南の島。すてきなバカンスでした。ありがとう!!楽しい時間を。

・最初は大音量に驚いたけれど、色んなテクニックを披露してもらえて楽しかったです。知っている曲がいっぱいで嬉しかったです。

・4才の娘もまねしながら、とても楽しくみさせていただきました。かたづけリプソ、とても共感しました。うちの娘も片付けできません(笑)

・小さな子どもには少し難しかったかもしれないが、大人には生の演奏をきけて、とてもよかった。初めての楽器で、興味深かった、楽しかっです。

・スティールパンの楽器を初めて見ました。ドラム缶でできているのに色んな音がでてすごいと思いました。

・この状況で、例会を開催していただいた裏方の人々に感謝します。コロナと共存して昔と同じは無理にしても、昔に近づける例会ができることを祈念しています。
ヒューマンビートボックス。すごい。打楽器が目にうかぶ。オズワルドさんがいたら、もっと楽しいんだろうと思うと残念。次回はフルメンバーで見たいです。

・ビートボックスはじめて生で聞きました。スティールパンもよかったです。とてもいい経験ができました。

・ヒューマンビートボックス最高でした。生ライブやっぱりいいですね。これからもがんばって下さい。

・やっぱり生演奏いいですね!!
オズワルドさんが来れなかったのは残念でしたがとーっても楽しかったです。またお会いしたいです。

・今までの中でもとても良かった。次はオズワルドといっしょのも見たいです。

・ヒューマンビートボックスはじめて見ました。すごかったです!

・初めて生で聞いて良かったです。

・久しぶりの公演最高でした!!

・ヒューマンビートボックスという分野をはじめて知りました。自在に様々なリズムが聞いて、とても楽しかったです。ものすごい訓練だと思います。ループの曲のエピソードが印象的でした。楽しい時間をありがとうございました。

・コロナの中楽しい時間をありがとうございました。

・久しぶりに生の音楽が聞けて楽しかった。

・AFRAさんのビートボックスのレベルの高さにびっくりしました。特にボーカルと同時の演奏がスゴイ!
スティールパンがドレミの順になっていないことを知り、柔らか頭でないとできないと感心。パーカッションの方がいらっしゃらなくて残念でしたが、今度はフルメンバーで聴きたいです。ありがとうございました。

・久し振りで、ありがとうございました。

・リズムがよかった。

・久しぶりの例会、収容人数ぴったりのたくさんの会員と楽しめました。スティールドラムはじめて現物を見たのでおもしろかったです。久しぶりのライブということでしたが、息もぴったりでやっぱり生(ナマ)はいいですね。最後の「パプリカ」はマスクの中でハミングしました。

・1+1=3以上の大発見アリの舞台でした♡ 個人的にはスティールパンが好きなのですごーくうれしかったです。小さい子たちも笑って聴き入ってました。
何か月ぶりかの例会で本当によかったです。トロピカルな気分になれました。歌いながら伴奏も同時にやるのはすごいなーと👏

迎える側も参加する側もチェックに時間がかかるのが次回への課題です。オリンピックも花火大会も学園祭もない中で皆の笑顔にあえてよかった。NO music NO life!

・長くライブを見られなかった私たちにとって興味と好奇心をそそられるはじめての題材で、一体感を感じやすいパーカッションの作品をして頂いたのは、今のコロナ禍下で、あまりにもぴったり、すばらしい企画だったと思いました。
「リズム」の皆さんも、レギュラーメンバーを欠いた状態でセッションの感覚も違ってやりづらいところもあったでしょうし、選曲も制限があったのだろうと思いますが、とても楽しませて頂きました。ありがとうございました。
<劇場運営の方々に>
例会の実施、企画、組織運営、財政維持と、とても大変な状況だと思います。本当にご苦労様です。ありがとうございます。劇団との接渉や、いっしょに公演を作品を創造していくのも困難さがある状況と思いますが、今日のような双方にとってよいマッチングに努めていって頂けたらと思います。

第321回例会「驚異のリズム」

新型コロナウイルス感染防止のため延期されていた例会が7ケ月ぶりに開催されました。
待ち遠しかったですね。

9月13日(日)18時30分開演 ソリオホール 全コース
新型コロナウイルス感染防止のため「オズワルド・コアメ」さんがアフリカから来日できず出演できませんでした。残念!

当番は北ブロックです。
感染防止のため場内は座席を空けて座ってもらうように座席指定にしました。
座らない席には「すわらないでね」を貼りました。

舞台に向かって右側と左側に分けて座席番号を各自で選んでもらいました。

当番 感染対策(手洗い、消毒、マスク&フェイスシールドを着用)をしてお迎えしました。

18時に開場 検温、消毒もお当番の仕事です。

いよいよ例会が始まります。あいさつもばっちり!

本日のプログラム
*ハンガリー舞曲第5番
*UNDER THE SEA
*We Will Rock You
*Apache
*ドラえもんメドレー
*Just the Two of Us
*ルパン三世のテーマ
*かたづけリプソ
*おどるポンポコリン
*紅蓮華
*パプリカ

プレゼント
本日は、プレゼントを舞台上で渡すことが出来ませんでいたが「フランスワイン」を用意しました。
劇団インタビュー
アンケートは今までで一番多かったそうです。

搬出
いつもながら大きな荷物や楽器がパズルのように積み込まれました。

お疲れ様でした。当番でお見送りしました。

第320回 音楽「スギテツ音楽会 きがるにブラボー」感想

第320回 音楽「スギテツ音楽会 きがるにブラボー」感想

日時:2020年2月11日(火・祝) 18:30開演

会場:宝塚市中央公民館ホール

<子ども>

・すごくピアノが上手ですごいなぁと思いました。

・わたしのママがピアノの先生なんですが、たぶんママがピアノの参考にすると思います。私もピアノをやっています。

・すごくバイオリンとピアノがうまかった。

・すごくいろんな音楽がまざってよかった。

・楽しかったです。いろいろな音楽があって、とてもおもしろかったです。強かったり弱かったり色々あってよかった。

・クラシックの曲とクラシック知らない人でも知っている曲をミックスしていて聞いてるぼくも楽しかったです。

・眠たくなるような曲や激しい曲があって楽しかったです。

<大人>

・クラシックで笑顔になれました。改めて音楽の幅広さを感じました。スギテツさんの他の音楽も聞いてみたいを思いました。ありがとうございました。

・クラシック音楽と違う曲のコラボ、今まであったようでなかった。とても親しみ深く楽しかったです。

・コミカルな局長に次々と変わっていくメドレーが楽しかった。コントも小気味よくてよかった。ハチャトゥリアンの剣の舞からずいずいずっころばしにテンポのよい職人技に圧倒されました。ピアノはまるで巧みなパソコンブラインドタッチのようでした。ラジオやCDじゃない生の楽しさ、コントのようなやりとりおもしろかったです。白鳥の曲がどんどん変わっていって迷走してどうなるのか心配でしたが、無事ウルトラマンがゴジラを倒してめでたしめでたしでした。

・ユーモアを交えて進められて楽しく見れました。関西でも十分いけてます。

・まさに音を楽しむ♪とっても楽しい音楽会でした。トークもお上手‼

・トムとジェリーの良さと再認識。勉強になりました。楽しかったです。

・子どもも大人も楽しめるコンサートでとてもよかったです。クラシックの知識を得ながら親しめるので、他の曲ももっと聴いてみたかったです。

・なじみのある曲にアレンジされていて、聞いていてとても楽しかったです。

・ユニークな構成で大変楽しかったです。音楽がますます好きになりました。

・クラシックなのに親しめた。やはり知っている曲が入っているとホッとした。

・バイオリンの高音は苦手でしたが、鉄平さんの音は柔らかくてとても心地よく楽しく聞かせて頂きました。

・楽しい音楽会でした。長いかなと思ったけど、子ども達がよく聞いてくれました。

・いろんな音楽のアレンジでおもしろかったです。生のバイオリンもすごくよかったです。

・とても楽しい演奏でした。

・ブラボーでした‼トムジェリ最高!他の曲も色々隠れていのるが聞こえてきて楽しかったです。軽妙なトークと表情豊かな曲とで、70分があっという間でした。また他の曲も聴きたいです。

・クラシックの楽しさがわかった。

・ブラボー‼とても楽しかった。クラシックと日本音楽の融合もすばらしい。音楽さいこー。

 

 

 

第320回例会 スギテツ音楽会 ~きがるにブラボー~

『スギテツ音楽会 ~きがるにブラボー~』 が 2月11日(火・祝)18時30分~中央公民館 ホールでありました。

BCDコース東ブロックがお当番でした。

スギテツさんのお土産はバレンタインチョコと東ブロック伊藤さんの手作りのカードをお渡ししました。

ご挨拶は吉田陽生くん、百々香ちゃん、北ブロックからお手伝いで小儀りなこちゃん、りょうたろう君でした。開場前に練習してくれました。

開場前のスタッフ打ち合わせの様子です。

開演前の様子です。

本番のあいさつもばっちりです。

例会後のプレゼントを渡している写真間に合わずにプレゼントを受け取っていただいた後のです。

例会後のお楽しみとサイン会もありました。

演者さん、スタッフさん、東ブロックメンバーで。

クラッシックが普段耳なじみのある音楽と合わさりステキにアレンジされていました。会場は笑い、ブラボーも飛び出し楽しい雰囲気でした。 ありがとうございました!

第319回例会 『きんぎょがにげた』 感想

日時:2020年1月19日(日)13時30分開演
会場:中央公民館ホール

【子供】
・すごくおもしろかった。がっきがおもしろかった。5才
・おもしろかった。6才
・たのしかった。5才
・おもしろかった。わににたべられるところがおもしろかった!おうた上手ですね。4才
・ワニとかさわれてよかった。たのしかった。

【大人】
・二人のハーモニーの美しさ、影絵の美しさ、しかけがいっぱい考えられていて、あっという間の50分でした。ガムランの響きもとても素敵でした。南国の文化にもふれられるようで、貴重な体験でした。ぜひ多くの方にみてほしい舞台だと思いました。
・音楽も劇もとてもすてきでおもしろかったです。
・楽器の音が神秘的でひきこまれました。影絵もとてもきれいでした。
・装飾や音楽が独的で美しかったです。
・佐々木さんの歌声が良かったです。ワヤンが面白かった。ガムランの響きも良かったです。

第319回例会 「きんぎょが にげた」

今年最初の例会 Aコース 影絵音楽楽団くぷくぷによる「きんぎょが にげた」が、1月19日13:30~中央公民館 ホールでありました。

当番は、西ブロックです。

久しぶりにAコースだけの例会でしたが、予想以上の参加にうれしい悲鳴です。

劇団の方からも、「幼児だけで見られるなんてすごいね!!」と言ってもらえました。

 

あいさつは、西ブロックのメンバーだけでは足りないので、東ブロック、北ブロックから応援に来てもらいました。

幼稚園・保育園のお友達が、頑張りました!!

お話は、3つ

音楽影絵「まる〇さんかく△しかく□」

音楽影絵「きんぎょがにげた」

動物人形劇「ワニとやんちゃなしか・カンチル」

ローフィット・イフラヒムさんが動かす影絵に、佐々木宏美さんが演奏するインドネシアの伝統音楽ガムランと歌と語りで話が進み、一気に会場は、アジアン風な雰囲気になりました。

絵本でおなじみの「きんぎょがにげた」では、きんぎょがどこに隠れているか?みんな必死で探して教えてくれます。

Aコースでしたが、驚くほどの集中力で、みんなしっかり見ることが出来ました。

終演後は、ガムランや影絵を触らせてもらいました。

今回のプレゼントは、

Aさん手作りのきんぎょが付いた4点セット。大好評でした。

影絵音楽団くぷくぷさんから色紙を頂きました。

ふぁみげき事務所に飾ってあります。

 

今回のふぁみカフェ

初めてチョコフォンデュ登場!!

くだものに付けて食べるとおいしいよ!

また登場するかも!?

はりねずみパンとYくんお手製パン

今回もたくさんの子ども達がお手伝いしてくれました。

くぷくぷさんと制作の方も、ふぁみカフェでランチをしました。

「とってもおいしかった!!」と大喜びでした・

第317回例会 『URASHIMA・やぎのおはなし』 感想

日時:2019年11月9日(土)18時30分開演
会場:宝塚市立東公民館ホール

【子供】
・すごく楽しかったです!少しドキドキもしたけど、少しうらしまたろうの話とちがって
またちがう楽しみがありました。(9才)
・知ってるうらしまたろうの話とちがってふしぎな話だった。(9才)

【大人】
・やぎの夢?お芝居でも、人形劇でもない、舞踊を見ているような、アートパフォーマンスという不思議な感じでした。
夢幻?こういう作品含め、幅広いものを見られる機会があるのはいいな。と思います。
(でもいつもこんなのだと疲れるかなー、ずっと緊張して見てる感じなので。メイシアターの小ホールみたいな
ちょっとのぞきこみのある会場で、少し距離をあけて少し観客的な目線でみられる環境が合いそうな作品でした)
・お二人の演技がすばらしかった。やぎのおはなしは私の想像力が不足で理解出来なかった。
・「うらしまたろう」の物語って、子どもの頃から不思議でこわい話だと思っていましたが、
今回はさらに妖しくてこわかったです。きれいでした。ロントさんの動きが美しくて目が離せませんでした。
見に来てよかったです。
・シュールな世界にひきこまれました。
・よく知っている浦島太郎でしたが、とても悲しいラストで昔話のイメージとは違うものに感じました。
とてもおもしろかったです。ありがとうございました。
・大人向「うらしま」ですね!お茶碗とお箸の演出が素晴らしく!それだけで時間(時代)の移りが表現、伝わりました!!
・女性の方の腕の表現力がすごかったです。見ていてすいこまれる世界観でした。楽しかったです。やぎの夢の中のお話ですね??
・ロントさんの声が面白かったです。
・衣ショウがこっていた。
・子どもも大人も楽しめる内容でした。表現や表情がとても豊かでした。
・やぎのおはなし…温かいシュールな作品。プリント布が象徴的に使われていて面白い。
・URASHIMA…演劇と人形劇が一体となって、イメージが更にふくらんだ。
浦島伝説は哲学だなぁと改めて思った。心に残る作品。
・エキゾチックな音楽と踊りが、日本昔話が、世界に広がるといいなと思いました。
・スーハーとうい吐息のはいったBGMがなまめかしくもあり、悲しくもあり、息の出来ない海の中ということを
きわだたせている効果もあり、と、いろんな意味を持たせてとても印象的でした。

第318回『やもじろうとはりきち』感想

日時:2019年11月17日㈰ 14時開演

場所:中央公民館 ホール

【子ども】

・はりきちとやもじろうがはしるところがおもしろかった。(4才)

・おもしろかった。(4才・9才)

・たのしかった。(5才)

・おもしろすぎた。(6才)

・人ずうふやしたほうがいいとおもいます。(7才)

・人ずうをふやしたほうがいいと思います。でも、がんばりましたね。(7才)

・とてもたのしかったです。声がすごかったです。はりきちがかわいくて、さいしょ女と思いました。(8才)

・おもしろくて、ちがうお話もつくってほしい。(9才)

・人形がかわいくて、面白かったです。

【大人】

・2匹のやりとりがとっても可愛くて、ほっこりしました。子どもも楽しんで集中して観ていて嬉しかったです。ちょっとした動きや声色の使い方が絶妙で素晴らしかったです。これからも楽しみにしています。

・人形の動きがかわいくて、子どもたちの反応がほほえましかったです。一人でどうやって操作されてるんだろうと思うこともありました。

・人形がとてもかわいくて、動物が登場すると子どもが反応するのが楽しそうでした。

第318回例会 人形劇『やもじろうとはりきち』

2019年最後の例会、人形劇『やもじろうとはりきち』を、11月17日(日)14:00から、中央公民館ホールで公演しました。何度も来ていただいている「くわえ・ぱぺっとステージ」のつげくわえさんです。
当番は、中央ブロックでした。

今日のつげくわえさんへのお土産は、中央ブロック楠田さん作の、やもじろうとはりきちの羊毛フェルトのマスコットと、来年の干支「ねずみ」のちりめん細工でした。

ご挨拶は、中学生の岳山さんと、初めてあいさつの役に挑戦してくれた三人でした。
開場前に、練習しました。おうちでも、何度も練習してくれたそうです。

開場時間になりました。小学生チームが、チケットもぎりとアンケート配りをしてくれました。
大勢の観客の前で緊張したそうですが、立派にできました。

公演後には、可愛いいやもじろうの周りに、大勢の子ども達が集まりました。

12時から「ふぁみカフェ」も開かれました。
新人メンバーが大勢デビューしてくれました。

ベテランウェイトレス達も、頑張ってくれました。

今日のケーキは、「モンブラン」「渋皮栗のロールケーキ」「エクレア」でした。
ホットサンドは、ハムとチーズ、卵の2種類でした。

たい焼きは、小豆とカスタードクリームの2種類でした。パイ生地のたい焼きもありました。
カフェは、東ブロック担当でしたが、北ブロックからも沢山手伝ってくださいました。


中央ブロックメンバーで、お見送りしました。

 

第317回例会「URASHIMA/やぎのおはなし」

久しぶりに東公民館を利用しての例会でした。
当番は北ブロックです。

CDコースの例会ですが、開演時間が18時半という遅い時間のせいか、参加人数も少なかったように思います。

1つめは「やぎのおはなし」
台詞は一切ありません。音楽に合わせて、やぎが動き、色々と変化していきます。
日本画家・平松絵美の作品を「動く美術作品」というコンセプトで人形劇化した舞台です。

 

2つ目は「URASHIMA」
私たちが知っている「浦島太郎」は、1300年もの間、語り継がれてきたお話です。時代の流れで少しづつ形を変えて、今に伝わってきています。私たちが、子どもの頃から知っている浦島太郎とは少し違っていました。亀はいじめられたりはしませんし(笑)、おとひめ様は・・・・。。少し大人向けの「浦島太郎」です。

人形や小道具は色鮮やかでとても綺麗でした。
役者さん二人の手の動きが優雅で綺麗だったので、舞台の雰囲気もすごく素敵でした。
海外公演も多数されています。

演出・美術は、沢 則行さんが担当されています。
プラハを拠点に、活躍している人形作家で、世界中の多くの教育現場で講座、ワークショップを指導した経験を持ち、ヨーロッパ各地で国際的な賞を多数受賞されています。 来年の東京オリンピックの開会式の演出もされます。沢さんが作られた大きな人形オブジェが登場するそうですよ。

「ラストラーダカンパニー」のLONTOさんが代役で出演されていたのですが、当日資料に誤りがあり申し訳ございませんでした。。見られなかった方は以下の予告動画で少し雰囲気を味わってください。

人形劇と言えば、一般的には子どものものと思われがちですが、こうして大人向けの人形劇を観ることができるのが宝塚ふぁみりぃ劇場ならではです。

終演後、道具を片付け、車に積み込み、最後に記念撮影です。
桑原博之さん、LONTOさん素敵な舞台をありがとうございました。